救急外来看護師として働くためには

救急外来看護師として働くためには

看護師キツイ画像3

看護師になるためには、勉強だけではなく、現場での研修などを経て、看護師として成長をする必要があり、常に学ぶ姿勢が求められるのが看護師ですが、その中でも一握りの看護師が救急外来看護師として働くことが出来ます。

 

全ての看護師が救急外来看護師として働くことが出来るのかといえば、答えはNOであると言うことになります。

 

どのような業種、職種であれ、向き不向きと言うのもがあり、救急外来看護師に対しても同じことが言えます。

 

救急外来看護師として働くための適正に必要なものは、看護師としての高いスキルはもちろんですが、何よりも、どのような状況にあっても冷静に対処することが出来る判断力になります。

 

救急外来に運ばれてくる患者の多くは、交通事故や急病など、命に関わる状態の患者である事が多く、一刻一秒を争う事態である場合がほとんどです。

 

そのような状況にあって、先輩看護師や医師に都度、指示を仰いでいては患者の命の危機に晒されてしまうことになります。

 

運ばれてきた患者を目の当たりにし、なおかつ、状況に応じて的確な判断を下して処置を行う事が出来る高い看護師としての能力が不可欠になります。

 

もちろん、看護師としての基本的な能力も必要になります。

 

しかし、状況判断能力、冷静さと言う根本的な適正がなければ、救急外来看護師として適している人材であるとは言えません。

 

その場その場の状況に応じて、自分で考え、行動を起こすことが出来る看護師、それが救急外来看護師に必要な人材になります。

 

こうした救急外来看護師としての適正を持つ人材は、やはり多くの看護師の中でも一握りしかおらず、看護師不足と言われている状況にあって、更に救急外来看護師の確保が難しいと言われている原因の一つでもあります。

 

ある程度の経験を積めば、誰でも状況の判断を的確に下すことは可能でしょうが、配属された当日から、即座に冷静に処置を行う事が出来るかといえば、なかなか簡単なものではありません。

 

持って生まれた適性、看護師として過ごしてきた密度などが大きく影響することは間違いありません。

関連ページ

救急外来や救急科に就職・転職
救急外来や救急科に就職・転職したお話を紹介しています。